進学クラス・特別選抜クラス

心を育む授業

生徒一人ひとりの個性と向き合い、適正能力を伸ばす少人数制コース。
基礎力、応用力、実践力を身に付ける一貫性のある授業で、 年間を通じて一人ひとりに適切な進路指導を行います。

進学クラス

本学園の授業では、時折、解答する際に前に出て黒板に書いて答えることもあります。
しかし生徒全員が同い年の男子であるという安心感もあり、次第に堂々と人前で解答できるようになります。

多感な成長期。学業のみならず心も大きく伸びる時期です。
正解不正解ではなく、まずは発言、発表する楽しさを学ぶことが大切だと、本学園は考えます。
失敗を恐れず何度もチャレンジして、正解にたどり着く成功体験の喜びこそが学びの始まりであり、自信にも繋がります。

生徒一人ひとりに合ったカリキュラムとフォロー体制で、安心の環境下、基礎力から応用力まで着実に身につき、夏季及び冬季講習会を実施するなど、長期的なプランで生徒の学力向上を目指します。

特別選抜クラス

進学クラスの中から選抜する、定員20名程の小数精鋭クラスです。
難関校進学を希望する生徒が中心のため、進学クラスの授業内容と比較して、授業の速度は速く内容も深くなっており、よりレベルの高い授業が展開されます。

また教科や学年によっては、進学クラスとは異なる教材を使用することにより、基礎と応用を踏まえた“実戦力”を養成して、難関大学への現役合格を目指します。

スポーツクラス

心を鍛える授業

スポーツ推薦入試方式を経て本学園に入学した、柔道・剣道・サッカー・野球の指定強化クラブに所属している生徒で構成されるクラスです。
※2021年度より、バスケットボール部も指定強化クラブの対象となります。

スポーツクラスの生徒は、全国大会・関東大会への出場、優勝を目指して、毎日の練習・稽古に励みながら、大学進学を見据えたカリキュラムで学びます。

文武両道な精神の養成

1クラス30名前後で、必修科目を中心に中学校時代の総復習も兼ねて基礎力をつけます。
文武両道を志し、部活動だけでなく勉強面でも細かく指導し、学力の向上を目指します。

文理コースの選択

1年次は文系・理系ともに対応できるカリキュラム編成となっています。
2年次以降は、文・理それぞれのコースに分かれ、上級学校進学、または就職に適した選択科目を受講します。

成果達成と進路確定

規律あるスポーツクラブ部員であるため、皆勤率、学習への集中度に比例して、進学率も非常に高くなっています。
2019年度では、希望者全員が大学に現役合格しています。